2017/06/24

6月の写真

6月も終盤、1年も折り返しですね。
田植えも無事終わり、前半の山場を越えた感じのするこころね農園です。

畑では、いろいろと収穫が始まっております。
並行して、種まきと草刈りに追われ、忙しい日々です。
全然ブログを更新できていませんが、6月の写真をいろいろと。

玉ねぎの収穫。
春人参の収穫。
わかきくん、葉っぱの収穫。
向かう先は、牛さん(笑)。
近くの牛さんにエサやり。通るたびにやりたがるので、急いでいるときはちょっと厄介(苦笑)。

種まきの準備中。
黒大豆の種まきです。大好きな枝豆を食べるためにがんばってます。
ひよもまざりたくて、行ったけれど・・・。
種は触らせてもらえないので、隣で砂遊び。
その後は、じゃがいも掘り。
ポテトサラダに、ポテトフライ、ポテトチップに、ポテトミート(肉じゃが)。
好きなものを食べたいからがんばってます。

わかきくんの原動力は「食べたいから」という純粋な欲求(笑)。
うん、動物として間違ってない!
その純粋さ、見習いたいくらい。
この頃のわかきくん、大活躍です!

夏の畑では、きゅうりの収穫が始まりました。
トマトも実をつけています。収穫が楽しみです。

それにしても、写真というのは便利なものですね。
状況を言葉で説明するのは時間がかかりますが、1枚の写真をぱっと見せるだけで瞬時に簡単に伝えることができます。
「インスタグラム」なるものが流行るのもよくわかる。
写真の力はすごいです。

言葉より雄弁に物語る写真があるように、写真には写らない何かを伝える言葉もある。
どっちもいいと思う。
でも、個人的には、写真からこぼれ落ちてしまうことを、
丁寧に紡いでいくような言葉が好きです。

2017/06/06

もう6月!

ご無沙汰してしまいました。
前回のブログから早2ヶ月、ですね。。

6月が終わると1年の半分が終わる。
そう思うと、なんてなんて1年ってあっという間なのかしらと思ってしまいます。
夏野菜の植え付けが終わり、田植えが終われば一区切りでしょうか。
田植えは三分の二が終わりました。もうひと踏ん張りです。

先日の田植えの様子。
苗を触ると気持ちがいいみたいです。
田植え機にセットするのを興味深そうに見入る子どもたち。
ひたすら田んぼを往復する父。
そして、遊ぶ子ども。
水遊びに泥遊びに、楽しか~!
裸足で田んぼは気持ちよか~!(笑)。

ひよも歩けるようになり、お兄ちゃんと田んぼで遊べるようになりました。
できることが増え、楽しそうです。

今日あんなことがあった、こんなことがあった、嬉しかった、楽しかった、
子どもたちを見ていると、日々発見と喜びで満ちていて、なんてエネルギッシュなんだろうと感心します。
毎日キラキラと輝いて見えるのは、全力で生きているからなのかな。
輝いてるっていいですよね。

その輝きにエネルギーをもらってがんばります。

2017/04/15

いろいろと

農繁期に入りました。
新学期も始まり、慌ただしい毎日です。
とたん、ブログの更新が滞り気味ですが、最近のいろいろを少し投稿します。

まずは、春野菜。
いま一番の旬といえば、かき菜でしょうか。
他にも緑の野菜がたくさんです。
左から時計まわりに、山東菜、ブロッコリー、おかのり、春菊、かぶ、かき菜、小松菜。
あとは、ラディッシュや、写真にはありませんが、サラダなど。
赤が入ると、ぐっと華やぎますね。
こう気温が高くなってくると、バリバリサラダが食べたくなります。
小松菜やかき菜のシャッキリしたおひたしも、美味しいですね。
ラディッシュは、お味噌汁の具にしても美味しいです。もちろん葉っぱも入れて。

最近は、春キャベツも採れはじめました。
まるまる1個千切りにしたら、一日で食べ終わりました。
やっぱり旬のものはおいしいのか、子どもたちもよく食べてくれます。
このところ、すごいたくさん野菜を食べてる気がする我が家です。

あと、春と言えば、しいたけ。
原木ならではのプリプリのしいたけは、焼いても、煮ても、炒めてもおいしい!
一瞬で時期が終わってしまうので、ぜひ旬を味わってくださいね。

そして、ヒヨコ!今春も来ています。

ヒヨコとひよが、ご対面。

前は、怖がって手にのせられなかったのに、今ではヒヨコを触りたがってしょうがない。
ヒヨコもひよも、かわいくてしょうがない様子のわかきです。

あと、忙しい時のおやつ。
ポップコーン。フライパンで炒るだけですぐできるなんてすばらしい!
ちなみにわかきははっさくを食べてます。
いよかん、甘夏、はっさく、パール柑、柑橘が豊富なこの時期は、おやつはフルーツで十分ですよね。

毎日手抜きばかりでも悪いので、ちょっと早起きできた日に作ったクリームパン。
発酵した生地のぷにぷにとした柔らかさに癒されました。気持ちいい。。
中のカスタードクリームも、うちの卵で作りました。
なんだか特大ギョーザみたいになってしまったクリームパンと(笑)、
わかきの好きな形につくるパン。

すごい勢いでパンを食べるひよ。
「おいしい!」
ありがとう。。がんばったかいある。
甘さ控えめな、素朴な味のクリームパンです。

ついつい忙しいと、キーッとなってしまったりもするのですが、
上手に生活をコントロールしながら、なるべく穏やかに過ごそうね、
と自らに語りかける今日この頃の私です。

年度初め、みなさんもお忙しい日々を送っておられることと思います。
体調を崩されませんようお気を付けください。



2017/03/31

春休み

3月も今日で終わりますね。早い。。
農家にとっては忙しい時期で、種まきや植え付け、苗の管理など同時並行の仕事が多く、やらなければいけないことに追われる日々です。
そんな中、ニワトリの産卵も回復してきて卵拭きにも追われ、少しパンク気味です。
しかも、春になり、ニワトリも元気になってきたのか、ちょっとの拍子に小屋から飛び出してしまい、結局ケモノに食べられてしまう、という事件も起こったり。。
バタバタしています。

あと、例年に比べ寒いですね。
去年の今頃には咲いていた桜がまだまだといったところです。
寒いと、苗の管理などいろいろ神経を使うことが多く落ち着きません。

「今日は寒いけど、真冬ほどの寒さじゃないからトレーナーだけでいいかなぁ」
「いや、でも夜は冷えるから、もう一枚着せた方がいいよ」
「でも、着せすぎて汗かくのもよくないよ」
「寒くて風邪ひいたらやだから、やっぱもう一枚着せとこう」

こんな会話が苗の現場でも起こっています(笑)。
春夏の苗は寒さに弱いので、寒すぎると一発で全滅です。
ここまで育てた苗が全滅とはまさに悪夢なので、毎日どのくらい被覆してあげるべきか悩むところです。

そして、忙しい理由の一つが春休み。
子どもにとっては毎日がホリデイ。
エブリデイ、ホリデイ(笑)。
オーマイゴッド!

と、英語がでてきちゃうくらい、毎日疲れます。
そして、汚れます。
おもちゃに、食べかすに、砂に、服に。
障子は破れ、布団はカバーが破れ。
布団の部屋で遊ぶな!布団を滑り台にするな!布団の部屋で食べるな!
寝る部屋だけは砂だらけにしたくないのですが、無理みたいです。。

でも、わかきももう5歳、遊びもだんだん進化?してきました。
最近一番好きな遊び、薪集め。
おじちゃんに誕生日に買ってもらった荷台を使って遊ぶのが大好きです。
ちょうどコンテナが入るサイズで、喜んで運搬。
「これなら畑も手伝えるよ~」と本人乗り気。
時々点検が入ります。
整備士になったつもりです。
時にはひよを乗せて走ります。
小学校の駐車場をどこまでも走ります。
ひよは風を感じます。
忙しい中にも、平和な時間が流れるときがあるのが救いでしょうか。。

わかきはわかきで、水まきや、種まきなど、お手伝いも頑張ってくれているので、
昨日はご褒美にるなぱあくへ行きました。
そして、今日は箕郷の公園に。
仕事の合間を縫って、時々は遊びに連れ出してあげたいなと思います。

4月に入ればすぐ春休みも終わり、新学期が始まります。
4月はまたヒヨコが来るし(まだ何にも準備してない・・・)、そのうち田んぼの準備なども始まってやることは目白押し。
気合入れていかないとです。
がんばります!

久しぶりのブログの更新だから、春の野菜のことを書こうと思っていたのに、
その前に寄り道しすぎて野菜のことが書けなかった。。
また春の野菜で投稿します!




2017/03/13

倹約令

「無駄遣いをしてはならぬ」
「ははー。かしこまりまして候」

エンゲル係数の高騰を受け、主から倹約令が発令されました(笑)。

しかし、食べることは大事なこと。
質は落としたくない。
だが、予算は限られる。
どうすればいいのか。
工夫せねばならぬ!

ということで、このところ節約メニューの我が家です。

一例:今までは一度に1パック使っていた肉を3回に分けて使うの術!
先日は、ひき肉を少しにして、キャベツだくさんの野菜餃子にしました。
お腹いっぱい餃子が食べられると家族には好評で、肉の少なさをカバー(笑)。
「毎日でもいいよ!」と言うので、残りの3分の1のひき肉を使って、もう1回作りました。
先週は2回餃子となってしまいましたが、節約中につき、同じメニューが続いても文句を言うべからず。

ちなみに、残りの3分の1のひき肉は、焼きそばに使いました。

一例:なるべくお菓子も手作りするの術!
日曜日、子どもが遊んでいる隙を狙って、お菓子作りをしました。
チョコとクルミのスコーン、玄米甘酒のビスケット、ヒエ粉のつぶプルクリームの3種。
どれも簡単なので、全部で1時間もかかりませんでした。やっぱり楽に限る~。
この顔(笑)。母嬉し。
しかし、昨日の午後作ったのに今日には全部なくなっていて・・・。
明日のおやつはどうしよう。。
家族のスピードについていけない母でした。

一例:家にあるもので作るの術!
それは、たまごです!
じゃ~~ん。目玉焼き!
しかも、これは、特別なたまごです。
秋に入れたヒヨコが初めて産んだたまご、初卵です。
ヒヨコから育てて手にしたたまごの卵焼き、これぞ究極の手作り!

朝一番に、初卵を触らせてあげました。落とすなよ~。
最近は、たまごの殻を割ってくれます。よく殻が入ってます(苦笑)。
そして、朝食。
「おいちい!」と言っているところ。

このところ、野菜中心のせいか、子どものトイレの回数が増えてます。
わかきは、朝晩の2回。
ひよは、今日は6回(先月はだいたい2、3回だったのに)。
たけちゃんは相変わらずだし。
トイレットペーパーやおしりふきの減りが早いし、おむつ代がかさむ~。

食費は節約できている気はするのですが、違う経費がかかっているような。。。
倹約の道は険し、なのでした。。とほほ。

2017/03/05

啓蟄

日中はだいぶ暖かくなってきましたね。
昨日は、ウグイスの初鳴きが聞こえました。
虫たちも動き始めたようで、家の中でも、外でも、倉庫でも、
いろいろなところで遭遇するようになってきました。

お借りしている倉庫には、ネズミがずいぶん活発に動いています。
前は、そこに猫がよくきていたので、ネズミの活動も抑制されていたのですが、
その猫がいなくなったとたんネズミが増え、倉庫が荒らされるようになってきました。
天敵がいなくなったとたん・・・。
自然の摂理なんでしょうが、連日の被害にくやしい思いをしています。

自然の摂理といえば、枯れた苗。。
鉢上げ後に、枯れた苗です。
力なく、ぐったりとしています。
見るとこちらも肩を落としてしまいます。。

やはりというか、なんというか、小さくて弱そうな苗だけが枯れ、
しっかりとしていた苗は生き残りました。
自然淘汰なのでしょうか。
でも、全滅じゃなくてよかったです。

こちらは元気な他の苗。
元気な苗を見ると、こちらも元気が出てきます。
キラキラとした生命力、素晴らしいです!
すくすくと育って行って欲しいものです。

花粉もずいぶん飛び始めましたね。
花粉症の私にはつらい季節です。
なんとか乗り切らねば。。。
花粉症患者のみなさん、おたがいがんばりましょう!

ハッ、クシュン!!

2017/02/28

ハンバーグ丼!

今日は風がなく、穏やかな日でした。
少しずつ春が近づいているのを感じます。
「明日から春なんだよ。3月は春なんだよ」と朝からわかきが得意げに言っていましたが、
いよいよ2月も終わり、3月に突入です。
なんだかそわそわしてきますね。

「3月になったからって急に春にはならないけど、春の気配がしてくるよね」
と私が言うと、
「でもね、春でもね、雪は降るんだよ」
と噛み合ってるような嚙み合ってないような返答。

確かにね、春になっても寒い日があれば雪は降るよね。
うん、間違ってない。
子どもは自分が知ったことを人に言いたくてしょうがない生き物なんですね(笑)。

とはいえ、まだまだ朝晩はかなり寒く、育苗ハウスの中はマイナス5度。
温床をつくり、種を蒔き、発芽し、鉢上げまでいった苗が、寒さで一部枯れてしまいました。。
「この1ヶ月が無駄になった・・・」とたけちゃんは意気消沈気味でしたが、
気を取り直して、また畑仕事に精をだしています。

まだまだ新しい野菜が出てくるまでもう少しかかるのですが、
今日はひとつ初物を収穫しました。
優しい緑色をしたベビーリーフです。

お昼は昨日食べなかったハンバーグをのせて、ハンバーグ丼!
やっぱり緑がはいると鮮やかになりますね。
大根は、少し前にお付けしていた小さな大根です。やっぱりおろし向き。
根に近い細い部分はみそ汁やなべ物に使えます。
冷蔵庫に入れておくとけっこう日持ちします。
目にも胃にもおいしかった~^-^。


私たちの食卓にも、少し春風が薫るようになってきました。
畑から届く野菜から、春を感じていただけたら嬉しいです。

2017/02/27

おやつ作り

このところ、おやつ作りに精を出しています。
焼き芋、お団子、おはぎ、ゼリーなど、比較的手のかからないものばかりですが、
わかきも一緒に作れるので、遊びの延長で楽しめます。

こないだの土曜日のお団子。
わかきのエプロン姿もさまになってきました。
自分でつくった星形団子に大喜び。

日曜日のおはぎ。わかき作(手直し母)。
おひなさまの前は、わかきがいろいろとお供えするので、とても賑やかです。
今では、ひし餅や、折り紙、おもちゃやわかきの作品が所狭しと並んでいて、何が何だかわからない状態ですが、それもまたおかし(笑)。

いままでも、食べるものはなるべく手作りのものを・・・とは思ってきたのですが、
日々目まぐるしい中、市販のもので済ませてしまうことも多々あり。。
でも、作り始めると意外と負担感がなく、短時間でできて(簡単なものだけだからだけど)、かつ、とても平和な時間が流れることがわかりました。
この、「平和な時間」というのが何より重要でして(笑)。

市販のチョコ菓子(わかき大好き)とかその他いろいろ食べると、わかきが荒れるのです。
最初は何でわかきが荒れているのかわからなかったのですが、もしかして・・・と思い。
私が配達で帰りが遅くなる時は幼稚園に17時半までいるのですが、その帰りにたけちゃんとコンビニに寄って買い食いしてくると大荒れで。
だいたい荒れるときは、その前に白砂糖や人工甘味料などをたくさん摂った後では?
そんなことが続いたりした結果、

これは絶対お菓子のせいだ!

と私たち夫婦は確信しました(笑)。

荒れる、いったいあれは何だろう。
普段のわかきと違って、攻撃的というか、反抗的というか、
とにかく言うことをきかなくて、イライラさせられるのです。
中毒性があるというか、興奮剤でも入っているの?と思うくらいです。

そういう時は、こちらは怒りたくないのに怒ってしまうし、怒られて泣くし、
お互い嫌な気持ちになって、とにかく不快というか、辛いというか。
そんなわかきに手を焼いたたけちゃんは、「コンビニいくのやめよう」と言うようになり、私も「なるべく手作りするね」と心を入れ替えました。

そして、おやつを手作りする手間があっても、それによって平和が保たれるなら、
トータルで消費するエネルギーは少ないのかもしれない、という結論に達しました。
おやつ作りで多少時間はとられても、その後ぐずったりせず、ご機嫌で遊んでてくれるので、その後の時間が有効に使えます。
自分たちで作ったものなので、安心してお腹いっぱい食べさせられるのもいいです。ひよも一緒に食べられます。

あと、一番は本人たちが喜んでいるということ。
やっぱり子どもはおやつが大好きだし、好きなものを取り上げるのは嫌だろうから、
お菓子を我慢させるのではなく、子どもが喜ぶものにする、というのも重要だなと思っています。

でも、子どもが喜ぶものと大人が喜ぶものは違うのかなと最近感じています。
例えば、今日のお夕飯にオカラハンバーグ(オカラでかさましするハンバーグ)を作っていると、
「ハンバーグより、オカラでご飯食べたいよ!」というので、メインのハンバーグは種のまま明日にまわし、
残りのオカラで作った煮物をおかずにいつもよりたくさんご飯を食べていたり、
蒸し器で適当にプリン作ろうとして、卵が多すぎて、すがいった茶碗蒸しみたいになっても、
「おいしい!」と喜んでくれたり(たけちゃんは一口食べて残してました、明日のわかきのおやつになりました)、里芋を茹でただけのものでも頬張って食べていたり。。

手が込んだものがいいわけでも、上手なものがいいわけでもないのかな。
そう思えると、作るのもぐっと気分が楽になりました。
だって、3食のご飯作ってるんだし、その上おやつ作りにまでそんな手間かけられませんよね。

もちろんこれからも市販のおやつにもお世話になると思いますが、
なるべく手作りでがんばりたいと思います。
無理しないのが一番です!

2017/02/22

配達の日

今日は火曜日。
ハグの日、ではなく(ちょっと古いかな・・)、配達の日です。
土日以外は、基本的に毎日どこかしらに配達に回っているので、ほぼ毎日配達の日なのですが、その中でも火曜日は、配達の中の配達の日。

火曜日は、前橋・伊勢崎をぐるりと回ってくるので、走行距離が一番長く、
「私、配達してるぜ~!」と最も感じる(笑)、配達の日なのです。
もちろんひよも一緒なので、快適ドライブとはいかないのですが、
箱の中に閉じられた、一人の空間を感じられる時間でもあります。

ぴーぴー言っていたひよが眠ると、自然といろいろ考えたりします。
これまでのことや、これからのこと、やりたいことや、やるべきこと、
そして、自分の感情の赴くままに、泣いたり(笑)。
ある出来事を思い出してにやっと笑ったりすることもあるけど、
大抵泣くことが多いです。

「とっちぃ(昔のあだな)って、泣いてるか、笑ってるかのどっちかだよね」
と、大学の時に友だちに言われて、高校までそんなこと言われたことなかったので、
そんなに泣いてるかなぁと、その時は思いました。

でも、考えてみると、20代前後からよく泣いてるような気がします。
いろいろがわかってきたからなのか、
いろいろをわかっているようで何もわかっていなかったからなのか。

「自分と向き合う」という世界を知ったからかもしれないし、
「自分をさらけ出す」ということを覚えたからかもしれません。

今日のドライブは、そんな20代の頃のことをいろいろ思い出して、
「価値観について」とか、「分類するということは」とか考えてました。
私の20代の10年間は、「価値観とは何か」を考え、模索することにほぼ費やされたので、
あの頃自分なりにもがきながら出したこたえに、頭の中で追記して、
今の自分なりの文章に作り変えて、自分の中に落とし込んでいく。
そういうことをしているのが、楽しいというか、好きというか、なんというか、
多分、くせです。

昔から、お姉ちゃんに「お前は哲学的に考えすぎるよ~」とよく言われたけど、
自分的には「てつがく」なんて難しいものではなく、単なる「くせ」ですね。
気づくとやってしまっている、くせのようなものです。

と、そんなことをやっている間に、踏み込み温床の上では、種が発芽してきました。
かわいいかわいい、小さな苗です。
これは何日か前の写真なので、今はもう少し大きくなって、鉢上げが始まっています。
小さな苗をひとつひとつ手に取って植え替える鉢上げは、けっこう根気がいる作業です。
たけちゃんががんばっています。

こちらは、2回目のボカシが完成。
2回分つくってあると心強いです。

春夏に向かって準備を着々と進めているこころね農園です。



2017/02/17

わかき誕生日

今日は、わかきの5回目の誕生日でした。
ケーキを用意して、わかきの好きなハンバーグを準備して、楽しい夕食にしようと母は頑張っていたのですが・・・

帰ってくるなり、「ケーキたべた~い!」。
「お父ちゃんが帰ってきてから、みんなでお夕飯食べてから、ケーキ食べようね」
と、とても優しく言ったのに、わかきはぶーたれて。
「いますぐ食べたいんだよ!」と。
時刻は18時前。すぐ夕飯というときに!

「でもね、もうお夕飯だから。もう少し待ってね」
と、怒りたい気持ちを抑えて、優しく言い聞かせようとしていても全然だめで。
何度もそんなやりとりをしているうちに、こっちもイライラしてきて、わかきは怒り泣き状態だし。
「なんでいつもそうなの!楽しい日になるはずが、いつもわかきのわがままで台無しだよ!」と最後は怒鳴ってしまい。。。

わかきが泣くもんだから、結局。。
夕飯の支度を始める前に、ケーキオープン(笑)。

「見るだけだからね。食べちゃダメだからね!」
と念を押してのオープンだったのですが。。
いちごに手が伸びて。。
「その前に写真撮らせて!いちごだけだよ」

「やっぱり、このクッキーだけ食べてもいい?」
「え~、約束と違うじゃん!」と言っても、手は伸びて。
やっぱり、見せるんじゃなかった。母不覚。

台所でそんなことやってるもんだから、ひよも嗅ぎつけてきて。。
「くれ~!!」

結局、ケーキの上のいちごは、ろうそくを刺す前に一部なくなってしまいました。
帰って来たたけちゃんに、かくかくしかじかでと説明し、写真を見せ、私が謝りました(涙)。
私がケーキをだしたばっかりに、申し訳ない。しかし、ケーキを出さねば、大変なことになっていたんだす。

と、気を取り直して、夕飯を食べて、無事ろうそくを立て、バースデーソングを歌い、火を吹き消してから、みんなでたべることができました。美味しかった~。
わかきのとても嬉しそうな顔が印象的でした。
トンビさん、いちごたっぷりのケーキをありがとうございました!

私は今日で母5歳。
「なんで子どもってそうなの・・・」
子どもに振り回され、怒ったり、泣いたり、笑ったり。
お父さん、お母さん、私も子どもの頃、こんなに親に迷惑かけたのかしら??
記憶がないですが、ここまで育てて下さってありがとうございました。